白馬が夜中にセーフティネットを考えてみる。

やぁやぁ。

今日も夜中のバイト休憩がアホほど長いのでブログ書くぉ(๑╹ω╹๑ )

 

さて、お題の通りセーフティネットについて考えてみる。

色んな過去を持つワシの中で、もっともお金が無かった時期。

どん底だったなぁ。

そのときワシを救ってくれたのは、友達だったんやけど超絶イケメン。顔が(๑╹ω╹๑ )

ホストやってた奴なんやけど、飯おごってもらったりただ酒飲ませてもらったり。家賃払えんくて追い出された時なんかしばらく居候させてもらったり。

まぁ代わりにそいつの太客来る時は死ぬほど飲みまくって売り上げには貢献したわけやけどさ。

ってかもうホストやれよ。金も貰えるんやぞ。

とは良く言われたけどねー。なんかそれは違ったんよねー。自分の中で。よく分からんこだわりやったなーって今は思うけど。

 

で、セーフティネットの話しに戻すけど、ワシが思うのはただお金を渡すのがセーフティネットでは無いよなーって。

寝る場所と飯。

これは最低限必要やと思うんやけど、お金に関しては「稼ぎ方」を教える事が1番大事なんやないかなって。

ワシはそのホストのツレとしばらく一緒に入れて、かなり多くの事を学べたんよねぇ。

夢を売る商売。

すごい奴はほんまにすごいんよねぇ。

全てに徹底してる。

めちゃめちゃ可愛いお客さんだろうが、だいぶやばいお客さんやろうが、そこで差別するような奴は漏れなく売れ無い。どんなに顔が良くてもね。

お金に対しての考え方がほんまにしっかりしてんのよ。売れる奴ってのは。

しかも人の感情や、自分自信のブランディングまで計算し尽くしてるんやからもう何やっても成功するんやろなって思ったわ。

 

お金ってどう稼ぐのかは正直人それぞれ得意な事とか違うやろし、万人に共通するやり方ってのは無いと思うんやけど、

万人に共通できる「考え方」ならあるんやなかろうかと思う。

お金とってビジネススクールやってる人もおるけど、それを稼ぎ方がわからずに貧困で喘いでる人に、無償で教えてあげるってだけでも

救われる人は沢山居るんやなかろうかと思う。

むしろそれで自立出来る様になるまで、資本金として援助=投資してあげるってのとありなんやなかろうか。

 

いつかワシがそれを出来るぐらい成功したら、是非実現させたいもんやなぁ。

_(┐「ε:)_